猫好きのみなさん、トイレ砂はどんな物を使っていますか?

うちには3個のトイレがあるんですが、全て花王のデオトイレです。

置き場所と掃除のしやすさからデオトイレにしたのですが、純正の資材はコストパフォーマンスが非常に悪い
そこで、いろいろ調べて、現在は木チップ製に落ち着いています。

では、どのような猫砂か?

左が商品名”木の香タフ” 右がよくある”固まる猫砂”ベントナイト使用の物です。

よく見ると、

直径6ミリの棒状の物をポキポキ折った物。
(”おがくず”に圧力と熱をかけると、木が持っている天然の成分リグニンで固まるそうです。)

こちらは、白っぽい砂そのもの。

おしっこの代わりに、お水をちょっとかけてみます。

かけた直後。

木の香タフは

水分を含んだところがぼろぼろと崩れています。

固まる猫砂は、

文字通り固まっています。

デオトイレでの実際の使用は、スノコノ上に敷き詰めるため、網で超してみると、

結構、おがくずになっていますね~。

これを、スノコの下のトレーで受けて、可燃ゴミで捨てるだけ
減った分だけ”木の香”を補充するだけ
というわけです。

ところで、固まる砂

容器にへばりついてなかなかとれません。
水溶性みたいですけど
もし、大量にのみ噛んだら、・・・・

埃も”モウモウ”、あまり使いたくありません。

木の香タフは

色の薄い木の香マイルドは

”ナチュラル100”や”ドライデン”と同等の商品です。

これを使うと純正の砂より”大”の匂いが気にならなくなりました。
ただ、タフの短所は色が濃すぎて、同化してしまうこと?