ONKYO D-202A系のウーファーユニットには、マグネットの後にどでかいウェイトが着いています。
”アコースティックエアサスペンション”とか言って、要するに余分な振動(共振)を減らして歪みの少ない音にするということですが、取り扱いが意外とやっかいです。

とにかく重いので、鉄板プレスフレームでは支えきれないようです。
その為、ユニット単体で発送する場合は特に気を遣います。
ドンと置いただけで歪んでしまうことがあるんです

そこで、店長の梱包を少し紹介します。

箱の底には暖衝材を置いて空間を作ります。


厚手の段ボールを底板にします。


ユニットの形に合わせ、新聞紙などを丸めて置きます。


コーンを段ボールなどで保護してプチプチでくるみます。
そして、重いウェイト部を下にして、ユニットを納めます。


ユニット周辺にも新聞紙などの暖衝材を詰めて、


上部にも暖衝用に新聞紙などを丸めて置きます。


段ボールを当てて梱包は完成。

発送は宅急便等でOK。ただし、”取扱注意!””精密機器””割れ物注意”などの明記を忘れずに!

セプターなどの超重量級ヤマト便を使う方が安く済むかもしれません。

以上、参考にして下さい。