天気予報では今日は雨のはずなのに

晴れ

蒸し暑いですね。

で、 何気なく引っ張り出してきました。

店長が大学に入ったときに作ったロードです。(27年前ですね。)

室内保管していたとはいえ、20年以上ほったらかしのため、埃や錆でキッタナイ!ですが、懐かしのパーツが・・

1,FD SHIMANO DURA-ACE (シマノ デュラエース)

錆だらけで汚いね~。でも変速はピカイチでした。

2,RD CAMPAGNOLO RECORD (カンパ レコード)

ボルトはアルミの削り出しに替えてあります。

3,ステム 日東 pearl 9(ニットー パール 9)

突き出し90ミリ。仕上げの美しさは名前のとおり。

4,シートピラー 杉野 MIGHTY 27.2

昔は26.8ミリが主流でしたが、こだわりのワンゲル(WV)製フレームに合わせて27.2ミリに。

5,ブレーキ SHIMANO DURA-ACE (シマノ デュラエース)

これも錆で汚い。純正のタイヤガイドは長くてみっともないので、ピアノ線で自作。

6,ブレーキレバー SUNTOUR SUPERBE (サンツアー シュパーブ)

生ゴムのパッドは溶けて何処へ行ったやら。穴抜き加工が好きでした。

7,ヘッド小物 丹下 Levin (タンゲ レビン)

お決まりです。

8,ハンドルバー CINELLI (チネリ)

型番は忘れました。なで肩のタイプです。幅375ミリ(実測)

9,フレーム材質 TANGE CHAMPION No.2 (タンゲ チャンピオン)

石渡なら022と同等ですね。ダブルバテッド(中心部が薄く両端が肉厚になっている)のクロモリフレームです。
総メッキの上に赤パール塗装となっています。

10、BB 肉抜き加工

重いボトムブラケットは少しでも軽く。

11、チェーンホイル SHIMANO DURA-ACE (シマノ デュラエース)

170ミリ 52x42 定番です。

12、Wレバー CAMPAGNOLO RECORD (カンパ レコード)

このぼこぼこしたデザインが滑りにくくて良いのです。が、汚い。

13、リム SUPER CHAMPION ARC-EN-CIEL (スーチャン アルカンシェル)

こんな感じで、バリバリマシーンではないですが、当時、こだわりたいところにはこだわっている一台でした。

で、
ちょっと乗ってみることに、

全くメンテなしで

やっぱりいいです。このスピード感

しかし、ダッシュして100mも走ると・・・・・・

足はぷるぷる、息はぜーぜー、汗たらたら・・
あとはご想像にお任せしますが、
ぐるっと一回りが 日本一周ぐらいの疲労感。

はぁ  もうちょっと鍛えよう。